沿革

1877 明治10年 4月 松井末治郎が手織式・手編式にて各種織金網・亀甲・篭などの生産をはじめる
1927 昭和 2年 4月 大阪府において金網の製造を始める
1931 昭和 6年 6月 二代目 松井政治郎が 合資会社 松井政治郎商店を設立する
1934 昭和 9年 7月 大阪府、奈良県に散在していた工場を大阪府松原市に集約し、松原工場を建設する
1942 昭和17年12月 松井金網工業株式会社に組織変更し、資本金 18万円とする
1946 昭和21年 8月 伸線工場を新設 八幡製鐵(現在の新日本製鐵株式会社)より線材の供給を受け、線材から製網までの一貫作業体制を完備する
1947 昭和22年 9月 内外の需要に応じるため、業界に先駆けて溶融亜鉛メッキ装置を新設する
1953 昭和28年 5月 資本金を 800万円に増資する
1954 昭和29年 6月 東京都中央区に営業所を開設する
1956 昭和31年 1月 コンクリート補強用溶接金網の需要に応じるため 「電気抵抗溶接」による溶接金網工場を新設する
1957 昭和32年 8月 大阪市中央区に本社事務所を開設する
1961 昭和36年10月 現代建築に伴い硝子用金網の需要に応じるため 「多極式電気抵抗溶接機」を自社開発・製作し、本格的に生産を開始する
1963 昭和38年 8月 資本金を 1200万円に増資する
1970 昭和45年10月 菱形金網の需要増に応じるため、欧州製編網機を導入し、増産体制を完備する
1973 昭和48年 7月 公害防止設備として 「水質汚濁防止法」に基づく汚水処理設備を設置する
1983 昭和58年 7月 細物溶接金網の需要に応じるため、欧州製新鋭溶接金網機を導入し、本格的に生産を開始する
1984 昭和59年10月 大型ベル炉を新設し、生産を開始する
1984 昭和59年12月 資本金を 3000万円に増資する
1994 平成 6年10月 日本板硝子株式会社と硝子網の表面処理事業として、合併会社 「松井エヌ・エス・ジー」を設立する
1997 平成 9年 4月 本社事務所を松原工場に移転する
1997 平成 9年12月 福井県上中町に若狭工場を開設する
1999 平成11年 6月 日本板硝子株式会社との合併会社 「松井エヌ・エス・ジー」を解散する
2000 平成12年 1月 本社工場を大阪府高石市に移転する
2001 平成13年 5月 欧州製細物溶接金網機を導入する
2002 平成14年 5月 配筋付デッキを新設し、生産を開始する
2002 平成14年 8月 欧州製新鋭溶接金網機を導入する
2005 平成17年12月 松井高栄株式会社と合併する
2006 平成18年11月 配筋付デッキの 「建築技術性能」評定を取得する
2007 平成19年 9月 大阪市中央区北浜に 「トラスデッキ営業部」を開設する
2007 平成19年10月 本社工場敷地内に子会社 「株式会社エム・エム・エス」 (松井メンテナンスサービス)を開設する
2007 平成19年12月 若狭工場を売却する
2010 平成22年10月 本社営業部を西宮に移す
2011 平成23年 3月 トラスデッキの生産・販売を中止する
TEL:0758-47-1313 FAX:0798-47-8904 TEL:03-5640-0630 FAX:03-5640-0631